もの創りのススメ

私が小さかったころ、親父が割り箸を削って「ゼロ戦」を創ってくれました。

今でも鮮明に覚えています。

私の手のひらに載るような大きさですが、ちゃんとプロペラも回ったのが忘れられません・・・。

思えばその体験が「もの創り」の第一歩だったのかも知れません。

まだプラモデルなども無い時代の話しです。

その後プラモデルやゲルマニウムラジオなどを作ったり、壊したりしていましたが、

いまだにその続きをしています。

初めてマイコンが登場したときには、これを使って何かを創ってみようと早速買い込みました。

当時日立からはモトローラ系のH68TR、NECからはインテル系のTK80のキットが発売されました。

7セグのディスプレイでマシン語を入力したのを覚えています。

もっとも、いろいろ汎用性のあるものが創れるようになるのはずっと後からですが・・・・。

camping-car

いままでで創ったものの中で一番大きいのはこれ、「キャンピングカー」です。

ホンダのNSXが発売される時で、スポーツカーにするかキャンピングカーにするか大分迷いましたが、

小さな子供がいたのでキャンピングカーにしました。

もっともこんなものを買うというと女房に大反対されるので、

「キャンピングカーを販売するのでデモカーを仕入れる」と言って一台購入しました。

その後販売もしてみましたが、何台か売れたところで、いろいろクレームが来て、

「他人の作ったもので文句は言われたくない!」ともの作りの虫がうずき始め、

友人の紹介で韓国の会社と共同で開発することにしました。

1年ほど韓国に通い詰め、当時としては画期的な、発電機もルーフエアコンも標準装備した

「フル装備で398万円」というキャンピングカーを発売することができました。

フル電化キャンパーの草分けですね! では、この続きはまた・・・・

Powered by: Wordpress